恋人探し

恋人探し!なるべく早く理想の人と出会う方法は?

恋人探しの最善の方法は、優良な「出会いSNS(出会い系サイト)」の有効活用です!

★インターネットが最も早く、多くのお相手と出会うことができます!★

 

「出会いSNS」は、恋人探しをしている多数の男女が登録していますので、理想の彼氏・彼女と最も早く巡り合える可能性が高いのです。そこで当サイトでも、オススメの出会いSNSを3つご紹介しています。

 

当サイトでご紹介している出会い系サイトの特徴

1.恋人探しをしている数百万人の人が登録しているので、たくさんの出会いのチャンスが!

 

2.優良な出会いSNSとして知名度が高く利用者も多数!有名女性誌などの多数のメディアでも話題に!安心・安全!利用している年齢層も広い

 

3.自宅ではパソコン・外出先ではスマホや携帯で恋人探しができるので便利

 

4.メール・掲示板・チャット・日記・写メコンなど出会いにつながる便利な機能が多数

 

5.恋人探しはもちろん、メル友や趣味友など、目的に合ったお相手を探せます!

 

6.お相手の年齢・地域・趣味・目的などに絞って検索できるため、好みの相手を見つけやすい!

 

7.会員登録は男性・女性ともに無料

 

8.女性は、ほとんどのサービスが無料!男性は登録時に無料サービスポイント進呈も!

 

9.費用は格安で、事前にポイントを購入するシステムなので安心

 

10.様々なイベントが多数開催されており、一度に多くの人と出会うチャンスも!

 

11.毎日たくさんの人が入会しているので、毎日新しい出会いが期待できる!恋人探しに最適!

 

12.個人情報の保護が徹底管理されているので安心!

オススメの出会い系サイトのご紹介!(※最新:2016年5月のランキング)

以下にオススメの出会いSNSをご紹介します。私が様々なサイトを利用して、その中から3つを厳選しました!特にPCMAXは、多くの人から支持されているサイトで、自信を持ってオススメできます。

 

ハッピーメールは広告を目にしたことがある人も多いと思いますが、女性の会員が多く、男性の方が登録すると多くの女性からメールが届きます。また、Jメールは歴史が長く、出会い系サイトの老舗と言える存在ですので安心して利用できます。

 

どのサイトも男女ともに新規登録は無料で、女性の方は、ご利用の際にもほとんど費用が発生しませんので、安心してご利用頂けます。恋人探しに最適です。


PCMAX

★PCMAX★

(当サイト特典:最大で100P付与)


1.会員数700万人突破の日本最大級の優良サイト!

 

2.理想のお相手を探す便利な機能や楽しいコンテンツが豊富!

 

3.写メコンの賞金は、年間総額2000万円

 

4.オフ会・うちわ祭り・水着コンテストなどイベントが大盛況!

 

5.TV・人気雑誌・新聞広告などメディア紹介で知名度が抜群

 

6.料金の安さは業界随一

 

7.スロットや出席確認でポイントが貯まるサービス有り

 

 

すべての面において間違いなくNO,1です。

 

PCMAXは出会いやすいことはもちろんですが、機能が豊富で、ログインするだけでも楽しむことができます!オフ会などの様々な行事もたくさんありますので、ネット以外での出会いも期待できるなど、とても充実していますのでオススメです。

 

詳細はこちらです!→ PCMAX


Jメール

★Jメール★

1.会員数450万人をついに突破!

 

2.掲示板・写メコーナー・Jメール体験談など機能充実

 

3.布川敏和さん(ふっくん)がイメージキャラクター

 

 

◆Jメールはとても良心的なサイトです。会員さんは積極的な人が多く、すぐに会うことができました。恋愛についてのアドバイスをしている「Jメール攻略ガイド」がありますので、ぜひ参考にしてください。Jメール以外でも活用出来ますよ!

 

詳細はこちらです!→Jメール


ワイワイシー

★YYC(ワイワイシー)★

1.累計会員数1000万人!

 

2.ミクシィグループが運営しているので安心

 

3.「あんしん補償」サービスがあるので安心して利用できる

 

 

◆男性は新規登録時に最大で300ポイントもらえます。「プレミアムオプション」「タイプ機能」など、他にはないサービスがあります。これらの機能を上手に活用すると恋人探しが成功する確率が格段にアップします。

 

詳細はこちらです!→ ワイワイシー

 

尚、上記にてご紹介しているサービスは、18歳未満の方のご利用を固くお断りさせて頂いております。

日常生活の中では恋人探しは難しい!

恋人が欲しいと思っている方はたくさんいらっしゃいますね。でも、なかなか恋人探しという目標を達成するのは難しいのが現実です!例えば、彼氏・彼女が出会った場所として、職場で知り合ったというケースは多いですが、職場によっては異性がほとんどいないとか、異性がいても年齢的に恋人の対象になる人がいないこともあります。

 

また年齢も容姿も性格も、自分の理想にピッタリの異性がいても、その人はすでに結婚していたり恋人がいるケースも多いですし、恋人候補を探すことでさえ大変なこともあります。中には社内恋愛が禁止の会社もあるそうです!

 

恋人探しのチャンスがあるのは職場だけではありませんね。習い事・ボランティア・趣味などで知り合うことがあるかもしれません。しかし、気に入った異性が見つかって、その人が未婚で恋人もいなかったとしても、いきなり恋人になれるわけではありませんね。

 

まず話し掛けて、そのうち食事に誘うようになって、その後で相手の気持ちを確かめてデートに誘うなど段取りがあります。ですから、すぐに恋人が欲しい人には向いていないかもしれません。

 

それに対してインターネットを利用した出会い系サイトは、「恋人探しをしたい」という人がたくさん登録していますので、お互いに気が合えば恋人まで進展するのは早いでしょう!また、恋人探し以外でも、メル友・趣味友・不倫相手・遊び相手など、様々な目的でお相手を探せるという特徴があります。

 

登録は男女ともに無料ですので、気軽にご登録できます。女性はほとんどのサービスを無料で利用できますし、男性は登録時に無料でサービスポイントがもらえますので、最初はそれを利用して楽しむと良いでしょう。

 

インターネットはコミュニケーションを取る上で、とても便利な手段ですので、有意義に活用しましょう。

恋人探しは時代によって変化している!

私たち人間は恋愛をする生物です。これは今も昔も変わりません。

 

人類は誕生してから現代に至るまで急激に文明が発達しましたが、基本的なライフスタイルとしては、恋人を作った後に結婚をして、家族で幸せな生活を送るのが一般的です。

 

そのため人間はこれまでの歴史の中で常に恋人探しを行ってきました。日本でも古い書物を読むと、恋愛についての記述がたくさん書かれていますので、昔の人も彼氏や彼女と素敵な恋をしていたのですね。

 

ただし、時代によっては自由な恋愛が禁止されていたり、結婚相手を自分で選べないようなケースもありました。つまり、お互いに恋愛感情を抱いていても、恋人同士になれないこともあったのです。また、恋の相手が1人だけでなく、複数存在するのが当たり前という時代もありました。

 

日本の歴史の中では特に平安時代の貴族が恋愛が盛んだったと言われています。この時代は今とは全く違う形で恋活が行われていました。

 

まず、恋のモーションを起こすのは男性からというのが常識で、女性は受け身専門だったのです。当時の女性は家の中に引きこもって人前に姿を見せないことが多かったため、男性が恋人探しをする手段は、ほとんどが知人の紹介によるものでした。

 

そして男性が女性へアプローチする最初のステップは手紙でしたので、上手に手紙を書くことがモテる条件の1つだったのです。女性の心を掴むには文字が綺麗で文章が上手なことは絶対条件でしたが、この時代は和歌が流行っていましたので、和歌が上手な男性がモテたのです。

 

女性は男性の手紙を読んで交際するかどうか判断していましたので、当時は一生懸命に和歌を勉強したことでしょう。そして女性も男性に対して和歌で返信したのです。つまり、相手に1度も会うことなく、手紙の内容だけで付き合うかどうかを決めていたことになるのです。

 

そして、もし男性が交際OKの返事をもらえたら、女性の家へ通う形でデートをします。

 

尚、この時代は会ったらすぐに相手と体の相性を確かめ合っていたようです。具体的には会話をしないで、いきなり肉体関係を結んでいたのです。実際に会ってみて、お互いに相手を気に入って男性が3日間女性の家へ通えば婚約成立となります。

 

また、平安時代は一夫多妻婚が当たり前で、側室の女性をたくさん抱えている男性もいました。

 

江戸時代になると武家社会になりましたが、身分が高い武士は相手の顔を知らずに結婚することが多かったようです。家柄、家臣としての仕事、派閥などを考慮して釣り合いが取れる相手を親や上役などが探してきましたので、自分で恋人探しをすることができませんでした。

 

特に大名くらい偉い人になると、婚礼の日に相手と初めて対面することもあったようです。そのため場合によっては好みではない女性と結婚することになってしまうのですが、大名くらいの身分になると側室の女性が多かったため、あまり気にならなかったようです。

 

明治維新になると民法で一夫一妻制が制定されて現代の夫婦の形になりました。そのため「恋愛は男女が1対1で行うもの」というのが一般的になったと思われます。

 

しかし、昭和初期くらいまでは同じような身分や家柄同士で結婚するのが風習のようになっていました。そのため大富豪の男性と貧しい家の女性が付き合うことなどは、親に猛反対される時代でした。似たような家庭に育った男女によるお見合い結婚が主流で、好きな人と一緒になることは許されなかったのです。

 

戦後になると徐々に自由な恋愛が認められるようになり、恋愛結婚が増えてきました。

 

現代では、お見合いよりも好きな人と恋に落ちて結婚するパターンのほうが多くなっています。自分で相手を選ぶことができるようになりましたので、とても幸せなのかもしれません。

 

また、今は恋人探しをするには様々な方法があります。一昔前であれば、片思いの人へアプローチする手段は手紙や固定電話だけでしたが、最近はインターネットの「メール」や「LINE」などを利用してコミュニケーションを取ることができます。

 

また恋人探しをする際にも「出会いSNSサイト」「出会い系アプリ」などを利用すれば、簡単に相手を見つけることができます。そう考えると現代人はとても恵まれていると思いますが、実際には恋人が見つからなくて悩んでいる人も多いのです。

 

つまり、自分で相手を見つけることができないのです。その原因は現代社会に生きる若者の精神的な弱点が露呈したことによるものです。

 

それに加えて、近年の若者は恋人探しに消極的になっているという問題も発生しています。その理由は文明が進化して娯楽が多様化しましたので、彼氏や彼女と過ごすよりも1人で人生を楽しみたいという人が増えてきたからです。

 

明治安田生活福祉研究所は2016年6月20日に、同年の3月に20〜40代の男女を対象として、恋愛や結婚に対するアンケート調査を行った結果を公表しました。その中で若者の恋愛事情の実態を示すデータとして、興味深いものがありましたのでご紹介します。

 

20代ので恋人がいる人の割合が、男性は5人に1人、女性は3人に1人だそうです。同様に交際経験の有無についてアンケートを取ったところ、異性と交際したことがないと回答した人は男性が53%で、女性が34%だったそうです。※明治安田生活福祉研究所(2016年:20〜40代の恋愛と結婚)

 

近年は恋愛についての意識調査を行うと、恋人探しをする人や彼氏や彼女が欲しいという人の割合が毎年減少しているという深刻な問題が起きています。

 

そう考えると現代は良い面だけでなく、悪い面もあるということを真摯に受け止める必要があるでしょう。

 

また、若者の中には「親同士が決めた許婚などがいたほうが良い」と考えている人もいるそうです。なぜなら、相手が決まっていれば、恋人探しで苦労する必要がないからです。

 

現代は自由な恋愛ができる環境が整っていて、恋活をする方法がたくさんありますが、実際には恋活は簡単ではありませんし、特定の恋愛の相手がいない若者が増えているのです。そのため科学的に研究したり、心理学を応用して相手を見つけている人もいます。

 

選択肢が広くなっているため、探すのが難しくなっているかもしれません。今は国際結婚や国際恋愛も当たり前の時代になっていますね。このように恋人探しは時代によって様々な形に変化しているのです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ PCMAX Jメール YYC(ワイワイシー)